けん玉


広島県木材利用センターや
一般社団法人 はつかいち観光協会で
けん玉を販売。

けん玉のルーツは江戸時代、中国から長崎へ伝えられた(オランダからとも言われる)。フランス語で「ビルボケー」、英語では「カップ・アンド・ボール」と呼ばれ、19世紀にはフランスをはじめ、欧米で盛んに行われていた。16世紀のフランス銅版画が最古の資料として残っている。

大正7年(1918)10月、広島県呉市の江草濱次氏が、明治期のけん玉に受け皿を取り付けた新型「日月ボール」を考案。翌8年5月、実用新案として登録した。
大正10年、廿日市のろくろ木工場、本郷木工(現在、(株)本郷)を江草氏が訪れ、けん玉づくりが廿日市で始まった。
大正12年から昭和5年頃までけん玉は全国的に流行し、やがては満州、台湾にまで販路を拡張した。その後、玩具としてわずかに生産は続けられていたが、戦時期に一時中断。戦後の観光ブームにあやかり土産用として全国の観光地に進出、廿日市でのけん玉製造業者は6社を数えた。

最盛期には廿日市のけん玉の生産は全国シェアの40%を占めていたが、昭和50年以降需要が減少し、製造業者も次々と撤退。
平成10年を最後に皆無となっていたが平成12年11月、場所を広島県木材利用センターに移し、廿日市市産業振興公社によって平成10年以来、けん玉づくりが発祥の地であるはつかいちで2年ぶりに再開。

21世紀へと受け継がれる伝統工芸として、見学・体験の場の提供、伝統技術の継承、後継者の育成などにも力を注いでいる。

スポット情報
所在地: 

廿日市市木材港北5-95

お問い合わせ: 

TEL: 0829-32-2393
(広島県木材利用センター)

アクセス: 

車: 国道2号線経由、廿日市港北交差点を木材港方面へ約5分
広電: 廿日市駅下車、木材港方面へ徒歩約15分

もっと詳しく


私たちが見慣れている
現在の形のけん玉は、
大正時代に「日月ボール」
として改良されたもの。

けん玉は古くから世界中で親しまれていたが、広島県木材利用センターには各種けん玉が展示されている。
広島県木材利用センターではけん玉の販売ほか、子供会などの団体でのけん玉製造見学、けん玉絵付け体験も受け付けている。


 

コラム 廿日市の木工玩具

廿日市で作られる木工玩具としてけん玉のほかに、ヨーヨー、コマなどが挙げられる。廿日市では大正10年(1921)にけん玉の製造が始まり、後にヨーヨー、コマなどの玩具へと発展した。
昭和7、8年の不景気な時代、全国的にヨーヨーが流行した。ヨーヨーしながら歩く人、首にかけて歩く人。世はまさにヨーヨー一色であり、廿日市はその生産地であった。以来、廿日市のヨーヨーは「木工のまち」としての特性を背景に、玩具として、観光土産品として数多く生産されたが昭和42年、香港でのプラスチック製ヨーヨーの出現により、やがて製造中止に追い込まれた。コマもけん玉、ヨーヨーとともに廿日市で数多く生産され、子どもたちの遊びの世界を広げてきた人気の木工玩具の一つ。木製のヨーヨーとコマは現在、木材利用センターなどにわずかに残るのみだが、木製コマは廿日市特産の起き上がりコマとして新たな声を上げようとしている。

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。