川末斎庭神楽(かわすえさにわかぐら)


現在、団員は30名余り。
老若男女問わず練習に励み、
後世への継承に努めている。
川末神楽団は十二神祇系の神楽を
忠実に伝承していることによって、
廿日市市無形文化財に
指定されている。
その他の演目として「乾清」、
「露祓い」、「荒平」なども。

原地区の川末にある大歳神社の神楽団に伝えられてきた伝統神楽。
県下最古の神楽本によって舞われる十二神祇(しんぎ)系の神楽で、神楽本の番付次第に基づいて約20演目を継承し、上演している。
中でも「将軍弓舞」は舞人が次第に神がかりにおちいり、失神状態の中で豊作か凶作かの神託を受けるもので、こうした託宣舞(たくせんまい)が残っているのは県下でも珍しいことである。
毎年11月の亥の子祭り(伊勢神社)で神楽を披露する。

スポット情報
所在地: 

廿日市市原

お問い合わせ: 

TEL: 0829-31-5656
(廿日市市観光協会)

アクセス: 

車: 西広島バイパス経由、上平良交差点を極楽寺山方面へ約10分
バス: 原学校下車徒歩約10分

近くのスポット

立善寺
(約100m)

バラ
(約1.23km)

速谷神社
(約1.27km)

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。