小木工品


ろくろ細工は約100年前、宮島
観光客の土産を作るために
茶屋林兵衛によって始められた。
独自のぬくもりや風合いは
他の素材では真似の出来ない、
まさに木工製品ならでは。
その人気はハイテク素材が主流の
現在においても健在である。
木材利用センターで展示販売。

はつかいちは古くから木工のまちとして発展してきた。なかでも伝統のある廿日市ろくろを使った碁石入れやコップなどの小木工品は、木の材質感を生かした素朴な手触りと温もりで人気を集めている。
木工玩具の製造は明治初期に、大正11年からはけん玉作りが始まり、ヨーヨー、コマなどの玩具へと発展した。木の温もりを生かした木工玩具は、子どもの遊びの世界を広げてきた。
現在では玩具のほか、健康器具や木工キットなどが作られている。

スポット情報
所在地: 

廿日市市木材港北5-95

お問い合わせ: 

TEL: 0829-32-2393
(広島県木材利用センター)

アクセス: 

車: 国道2号線経由、廿日市港北交差点を木材港方面へ約5分
広電: 廿日市駅下車、木材港方面へ徒歩約15分

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。