廿日市ろくろ


熟練した技術を要する廿日市ろくろ。
近年まで
この伝統の技で作られるものとして、
碁器(ごいしいれ)やコップ、
皿たてなどがあった。
現在では、木材利用センターでの
けん玉製造工程において、
一部用いられることがある。
その継承に努めたい、廿日市市
ならではの伝統技術である。

廿日市市は中国山地の木材を積み出す港があったため、近世以前から木材の集積地として栄えてきた。
江戸中期には豊富な素材をもとに、ろくろ技術を中心とした木工業が発展。特産である木工玩具の製造は、明治10年頃に始まった。
明治中期以降、ろくろ細工を利用した木材工芸品も宮島の土産として盛んに作られるようになり、大正時代には製材業が発展し、近代的木工業の幕開けを迎えた。
廿日市市の木工業は、廿日市ろくろに始まるのである。

スポット情報
所在地: 

廿日市市木材港北5-95

お問い合わせ: 

TEL: 0829-32-2393
(広島県木材利用センター)

アクセス: 

車: 国道2号線経由、廿日市港北交差点を木材港方面へ約5分
広電: 廿日市駅下車木材港方面へ徒歩約15分

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。