地御前漁業協同組合


瀬戸内海の清らかな潮流と漁業者の努力のもとに
育まれた、広島かきを代表する地御前かき。
シーズンは10月から3月までで、特に2月が旬。

かきの養殖は室町時代、安芸国(広島県)で初めて行われたといわれている。
廿日市でのかきの養殖は、文久元年(1861)頃に始まったと伝えられている。古くは小石を並べてかきを付着させ育てる方法。

さらに竹のひびを海に建てる方法から、いかだ方式による養殖法へと進歩。地元漁業者の努力のもとにかき養殖は発展を続け、生産量も飛躍的に伸び、現在に至っている。

広島かきの中でもひときわ粒が大きく、味の良い、高品質のかきとして全国に有名な地御前かき。地御前かきはむき身で年間約1,000トンの生産があり、全国の消費者に出荷されている。

スポット情報
所在地: 

廿日市市地御前五丁目10-8

お問い合わせ: 

TEL (0829)36-1214(代)

アクセス: 

車: 国道2号線沿い、広電地御前駅そば
広電: 地御前駅下車、徒歩約2分
バス: 地御前下車、徒歩約1分

もっと詳しく


やぐら式から筏式の養殖法へ。
良質のかきを作るため、
地元漁業者はさまざまな
工夫と努力を続けた。
広島のかきは全国的に有名だが、
なかでも廿日市特産の
地御前かきは昭和52年に水産
部門で天皇杯を受賞するなど、
優れた品質で全国的に
高い評価を博す。

地御前で生産されるかきは、漁場の管理や養殖技術研究によって市場や消費者から高い評価を得、現在では「地御前かき」というブランドが確立されている。品質の良さから市場はもとより、消費者からも高い評価を受けている。

例年2月第3日曜日に開催される「地御前かきチャリティーバザール」では、殻付かきの試食や海産物の直売などが行われ、多くの人出で賑わっている。


シーズン中、かき打ち場には活気がみなぎる。

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。