御陵衣祭(馬とばし)


流鏑馬は武芸修練のために行われていた、
鎌倉武士の質実剛健の気風の現れである。
のち、神社の神事となり、約780年前から
端午の節句に行われるようになった。
また、厳島神社の舞楽を島外で見られるのも
希なことである。

馬とばしとは、流鏑馬(やぶさめ)のこと。旧暦5月5日の端午の節句、地御前神社で行われるお祭り。
舞楽の舞と流鏑馬(やぶさめ)の神事が行われる。流鏑馬とは、馬に乗って駆けながら、的を矢で射る競技のこと。
拝殿では祭典に続いて舞楽が2曲納められ、その後、騎射が古式ゆかしい装束で矢筒を背負い弓を持って馬に乗り、神社前から観音堂下の間を跳び走り、天地と四方に矢を射る。

露店が軒を連ねて祭り気分を盛り上げ、付近の家々では、ちまきやかしわ餅を作ってお祝いする。

スポット情報
所在地: 

地御前神社および周辺 (廿日市市地御前五丁目)

お問い合わせ: 

TEL (0829)36-0795
(地御前神社)

利用時間: 

開催日: 旧暦 5月5日

駐車場: 

なし

アクセス: 

車: 国道2号線を地御前方面へ、地御前漁港そば
広電: 地御前駅下車、徒歩約5分
バス: 地御前神社前下車、徒歩約1分

その他: 

行事内容: 舞楽の奉納、流鏑馬(やぶさめ)の神事など

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。