もくもくもく三兄弟(童心)


もくもくもく3兄弟三男。
平成10年5月生まれ。
アルカディアビレッジに設置。
木工のまちの特性を生かし、
子どもの頃に遊んだ木のコマを通して
感じる「わらべの心」の大切さを
再認識してもらうことを目的に製作。
木工のまちとしての
技術や遊び心を表現。

樹齢610年、直径2.5mのアメリカ産の巨木(米松)から作られた、巨大モニュメント3部作。古くは木材の集積地として賑わい、現在では西日本有数の規模を誇る木材輸入港、木材工業団地を有する廿日市。

木の文化を今に伝える「木工のまち」の魅力や技術を、広く内外にアピールすることを目的に作られた。市内3か所に設置され、”はつかいちのシンボル”として人気を集めている。

創造のたまご(もくもくもく3兄弟長男)
ENZA・610(もくもくもく3兄弟次男)

スポット情報
アクセス: 

車: 西広島バイパス経由、上平良交差点を極楽寺山方面へ約30分
JR: 廿日市駅、廿日市市役所から無料巡回バス運行
(原・陽光台地区で乗下車希望の場合、要電話予約)

 

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。