山陽スペースファンタジープラネタリウム


一般投影の番組は年に4作品で、
3か月ごとに入れ替え。
団体投影では希望とテーマにそった
番組編成により、さまざまな疑問に応えてくれる。

山陽女子高等学校内に設けられたプラネタリウム。学園内での利用のほか、地域社会への奉仕を目的に、一般投影と団体投影を行っている。

一般投影は毎週土曜日午前9:30~と午前10:50~(申込不要)。平日は10名以上の団体利用に限り見学が可能となる。団体投影は来館者の希望時間に応じて行われる(要事前申込)。
幼児からお年寄りまで、来館者のレベルに合わせて番組を提供できることが大きな特徴。精神年齢の発達に応じた番組を見ることでより興味を引き出せると考え、来館者が番組を選べる「メニュー方式」を実現した、全国で唯一のプラネタリウムである。

スポット情報
所在地: 

廿日市市佐方本町1-1

お問い合わせ: 

TEL (0829)32-2222
(山陽女子高等学校)

利用料金: 

無料

利用時間: 

投影時間 土曜日(一般公開日)9:30~、10:50~

休日: 

日曜日、祝祭日

駐車場: 

約5台 (団体の場合、多ければグラウンドを使用)

アクセス: 

車: 国道2号線桂橋もしくは美の里交差点を佐方方面へ約3分
JR: 廿日市駅下車、徒歩約10分
広電: 山陽女子大前下車、徒歩約1分
バス: 西隅の浜下車、徒歩約7分

その他: 

利用方法: 団体利用の場合、電話にて要事前予約 (時間相談可)
収容人数: 85人(最大約100人)

もっと詳しく


山陽女子高等学校では、
環境も学校の一部。
四季折々の草花、
豊かな緑の木々が
訪れる人の目を楽しませてくれる。
プラネタリウムは当校舎内の5階。
街明かりに邪魔されず星空を
満喫できる、意外に知る人の
少ない、隠れた名所とも言える。

季節ごとに番組を入れ替え、1本の番組を毎日投影する従来のプラネタリウムと大きく異なり、常時投影可能な番組7、8本をストック。
来館者の希望、レベルに合わせた対応が即座にできるなど、質の高い館内設備も併せ持つ独自の投影方式によって子どもたちに楽しさを強く印象づけるとともに、学習投影の場にふさわしい補助テーブルを各座席に設置。

校舎入口に身障者用スロープを設け、館内までのアプローチをバリアフリー仕様の構造に。さらに、館内最前列の座席が自在に取り外せることで、車いすでの来館、観覧も可能にした。


古代中国の陶器類、明器類の展示。
韓国の文化財やアジアの展示物を中心とした
コーナーなど、東洋の歴史を6つの分野にわけ、
展示紹介するアジア文化館。

夏休み期間などは一般公開にあて、クリスマスなどのイベントの時にはピアノ生演奏(一般申込可)のコンサートを行うなど、星空のもとで幅広い楽しみを提供してくれる。

同フロアに絵画、服飾品など、古代から中世にかけての東洋の歴史資料を集収展示したギャラリー、「アジア文化館」を併設。

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。