地御前小学校のイチョウ


イチョウ類は古生代から
中生代にかけて全世界で繁殖し、
多くの種類があったといわれる。
県内で最大のイチョウは
山県郡安芸太田町上筒賀にある
「筒賀の大イチョウ」で、
樹高約50m、樹齢1000年を超える
大木である。

イチョウは裸子植物に属する落葉高木で、古い時代に中国から日本に渡来し、昔から神社や寺院によく見られる。近年では街路樹として、公園や学校などにも植えられている。

地御前小学校には、胸高幹囲3.2m、樹高15.5mに達するイチョウの大樹がある。幹の上端が損傷して樹勢が弱まっているが、市内では最大のものである。秋になれば黄葉がたいへん美しく、昭和60年に市天然記念物に指定された。

スポット情報
所在地: 

廿日市市御前四丁目3-1

お問い合わせ: 

TEL (0829)31-5656
(廿日市市観光協会)

アクセス: 

広電: 地御前駅下車、徒歩約5分
バス: 地御前下車、徒歩約5分

もっと詳しく

メモ イチョウ科の落葉高木。中国原産とされるが自生地は不明。高さ約30mに達し、葉は扇形で葉柄を具え、秋、黄変する。気根を下垂することもある。雌雄異株。

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。