JR廿日市駅(桜の名所)


山陽鉄道(現、JR山陽本線)が糸崎~広島間に
開通したのが、明治27年(1896)。
同30年には広島~徳山間が開通し、設置駅に
横川、西広島(己斐)、宮島口、大竹などとともに
廿日市駅の名があった。

廿日市駅は明治30年(1899)、山陽鉄道広島~徳山間開通時に設置された、100年余の伝統を持つ駅舎である。霜雪を経る中で改築を重ね、往事の面影は今、跨線橋に残されるのみ。

周辺は町中の駅にも似ず、ゆったりとした時間の流れを感じさせてくれる落ち着いた雰囲気。終戦後、上り線ホームに沿ってたくさんの桜が植えられた。以来大きく育ち、現在23本が残る。
春になれば可憐な花々を芽吹かせ、車窓越しに乗客の目を楽しませている。

スポット情報
所在地: 

廿日市市駅前1-1
(JR廿日市駅構内上り線ホーム沿い)

お問い合わせ: 

TEL (0829)31-0019

駐車場: 

なし

アクセス: 

JR: 廿日市駅下車、上り線ホーム沿い

もっと詳しく

品種: 染井吉野、本数: 23本。
開花期: 4月上旬。

近くのスポット

花の家旅館
(約70m)

桑原旅館
(約210m)

巨大マップ
(約230m)

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。