洞雲寺(紅葉の名所)


鷺の森、桂元澄の墓前から
本堂の裏手を望む。
四季を通じて景観が美しく、
由緒ある禅寺として
崇められている洞雲寺。
季節と歴史の彩りが、
しばし時の流れを
忘れさせてくれる。

かつては洞雲寺の本堂はかやぶきで、秋が深まると境内の大銀杏の黄葉にひとしお古寺の感が漂っていた。現在、洞雲寺の境内には、開山頃に植えられた樹齢の古いモミジの木が30本近く残っている。
貴重な自然環境を残す鷺(さぎ)の森には23本、参道沿いにも数本のモミジの木がある。特に裏山の紅葉は、なだらな緑の中に美しい朱を点じたかのように、ひときわ目に鮮やかな印象。
見頃は11月初旬から中旬くらいまで。

スポット情報
所在地: 

廿日市市佐方1071-1

お問い合わせ: 

TEL (0829)31-2461

駐車場: 

なし

アクセス: 

JR: 廿日市駅下車、東へ徒歩約10分
広電: 廿日市駅下車、徒歩約13分

もっと詳しく

品種: モミジ、山モミジ、 本数: 約60本
紅葉時期: 11月初旬~11月中旬

モミジのほか、向かって左手の森には廿日市市では珍しいシイの木がある。シイは天然の原生林の名残り。

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。