極楽寺山キャンプ場


張る手間のいらない常設テントをはじめ、炊事棟や
水洗トイレ、シャワールームなど各種設備を完備し、
気軽にキャンプを楽しむことができる。

標高693mの極楽寺山山頂に位置するキャンプ場。蛇の池湖畔の林間に40基の常設テントや炊事棟、水洗トイレを完備。周辺にはピクニック広場、多目的広場、集合広場が広がり、キャンプ場を取り巻くように自然探勝路が整備されている。
テントサイトは常設の高床式で、収容人数は5名。食事利用などに好適なテーブルとイスが併設され、かまどや水道を備えた炊事棟、水洗トイレ(身障者可)が場内に各2か所ずつ設けられている。

スポット情報
所在地: 

廿日市市原

お問い合わせ: 

TEL (0829)38-2650、(0829)31-5656
(一般社団法人  はつかいち観光協会)

利用料金: 

常設テント
1張 1泊 (14:00~翌13:00) 2,620円
 

利用時間: 

公園入口の門は17:30閉門、8:00開門
(開設期間: 4月1日~11月30日)

休日: 

休場日: 期間中無休
開設期間:4月1日~11月30日

駐車場: 

約120台

アクセス: 

車: 西広島バイパス経由、上平良交差点を極楽寺山方面へ約30分
JR: 廿日市駅下車、西広島バイパス下平良トンネル先の極楽寺山登山口経由徒歩約3時間
バス: 原学校下車、極楽寺山登山口経由徒歩約2時間30分

その他: 

申込方法: テント利用の場合、一般社団法人はつかいち観光協会へ要事前予約(受付時間8:30~17:00)
施設の概要: 管理棟、常設テント(5人用)40基、炊事棟2棟、水洗トイレ計4か所、温水シャワー、自動販売機、ピクニック広場、多目的広場、集合広場など

もっと詳しく


蛇の池を取り囲むように散策道を
設け、園路沿いの各所に切り株の
イスを配し、湖面を見晴らす
東屋付きの休憩所を完備。
さらにキャンプ場を取り巻くように
自然探勝路も整備。
シーズン中、蛇の池周辺は、
アマチュアカメラマンや
写生を楽しむ多くの人で賑わう。

テントサイト前に広がる蛇の池はスイレンの自生地として有名で、湖畔ではコイに餌をあげたり、スイレンを観賞するなど憩いのひとときを満喫できる。

園中央にせせらぎを配し、芝生に彩られた傾斜面に広がるピクニック広場。遠く瀬戸内海の風景を望む展望台や、緑の桜が咲くといわれる御衣黄がある多目的広場。緑の芝生におおわれキャンプ場周辺での楽しみの幅は広い。

キャンプ場入口の管理棟ではキャンプ用品、備品のレンタル、販売とともに、廿日市の特産品や野菜、お菓子なども販売。温水シャワー(3分100円)やトイレのほか、自販機などを完備し、快適なアウトドア・ライフをサポートしてくれる。


炊事棟などの整備も行き届き、管理棟には
飯ごうやコンロなどの各種キャンプ用品、
備品のレンタルも充実。
手ぶら感覚の気軽さで初心者も安心して
楽しめる。
 

主な用具使用料は、炊事用具1セット1日1,050円、バーベキューコンロ700円、ランタン1日200円(電池別売り)、なべ・飯ごう1個200円など。

日帰りでも気軽に楽しめ、自然探勝路とたどってキャンプ場から足を伸ばせば、極楽寺やさくらの里、アルカディアビレッジなどの見所もいっぱい。

極楽寺山キャンプ場 施設・用具使用料金表

施設名 規格 料金 利用時間
テント(1基) 5人用 2,620 午後2時~翌午後1時
炊事用具(1セット) 5人用 1,050 1日
炊事用具セット(5人用)一覧
品名 規格
ランチ皿(角) アイホーAT226 5
柄付コップ アイホー900×46 5
スプーン ステンレス製 5
プラスチックまな板 370×210×15 1
ステンレス包丁 6寸アイホー25-3 1
兵式飯ごう   2
しゃもじ アイホー17-2 1
ステンレスざる 27.5 1
ステンレスボール 30 1
お玉   1
アルマイト鍋 3.4リットル 1
アルマイト鍋 5.8リットル 1
プラスケット アイホー43-1 1
火ばし   1
シャワー 1回(3分) 100 使用時間は午後9時まで
バーベキュー(大) 10人分 700 ドラム缶を半分に切ったもの(網つき)
バーベキュー(小) 5人分 500 鉄板(網つき) 40セットあり
ランタン 1日 200 電池別売り
毛布 1枚 200  
ござ 1枚 50  
やかん 1個 100  
なべ・飯ごう 1個 200  
300g 500  
まき 15本 300 長さ20cm位の丸い木
その他の炊事用具 1個 100  

 

近くのスポット

※()の距離は、上記スポットからの直線距離です。
※半径約5km以内で、距離が近い順に表示しています。